勝手口のカギがいつの間にか壊されていた

back_door昨日気付くまで全然わからなかったんですが、勝手口のカギがいつの間のか壊されていました。気付いた時、心底ゾッとしましたね。だって、これって誰かが我が家に侵入しようとした、もしくは侵入したわけですよね?すぐに通帳や印鑑などの貴重品を確認したところ、盗まれたような形跡はなかったものの、本当に怖くなりました。子供がイタズラで壊せるようなものでもないですし、何かの拍子に壊してしまった記憶もありません。

監視カメラシステム:セキュリティ:インフラシステム

そもそも、今まで気付かないくらい勝手口を利用していなかったわけですし…。そして気になるのは、いつ壊されたのかということです。最近なのか、随分前なのか。家の中を荒らされていたとかもなかったので、本当にいつ誰が何のために壊したのか、全く見当がつかないんですよ。見当がつくのもそれはそれで怖いですが、時期も意図も犯人もわからないことがこんなにも不安で堪らないとは、思いもしませんでした。

世田谷の鍵屋

問題の勝手口のカギは、もちろん即日対処しました。いつまた誰かが入ろうとするかわかりませんし、カギが壊れている=常に誰でも入ってこれる状況なわけですから、夜も落ち着いて寝られませんので。ただ、カギが直っても不安は完全に消えてくれたりしないようです。また壊されるのでは?また誰か来るのでは?という不安が拭えないのですよ。子供のイタズラだったらどれだけ良かったことか。

玄関ドアのドアスコープが壊されていました。

こんな不安な日々を過ごすことになるなんて、思ってもいませんでした。何も盗まれてはいませんでしたが、ある意味、私たち家族の安心が盗まれてしまったような気がします。